lgb555: 2006年4月アーカイブ

 風の強い日に運転していたら、突風で貨車や客車が風に煽られて転倒する事故が次々と発生しました。重心が高いため、横方向から風をまともに受けると転んでしまいました。
 対策は風の強い日は、無蓋貨車など、風の力の影響が少ない編成で運行することぐらいでしょうか? 貨車におもりを乗せると、動力車のスリップのもとになります。

No.1 停車中にオレンジの客車が風に煽られ、植木鉢に寄りかかってしまいました。

s-derailment01.jpg

No.2 走行中に最後尾につないであったコンテナ車が、風に煽られ転倒しました。

s-derailment02.jpg

No.3 走行中に客車2両が、風に煽られ転倒しました。(機関車は先に進んでしまいました)

s-derailment03.jpg

この編成ならば、突風で脱線することはありませんでした。

s-IMG_4456_DCE.jpg

 

このアーカイブについて

このページには、lgb5552006年4月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはlgb555: 2006年2月です。

次のアーカイブはlgb555: 2006年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー