少し涼しくなってきたかな

| | コメント(2)

 7月に、Massoth社製のデコーダーを、機関車に組み込んだ件を書きました。実は、その時、一緒にディーゼル機関車用のサウンド付きデコーダーも届いていました。

 今日は、これをディーゼル機関車に組み込もうと思ったのですが、ハンダがどこに行ったのか見当たらず、断念しました。残念!

 というわけで、今日は、走行に専念することとなりました。ただ、最近、雨が多かったせいか、通電不良が発生した箇所が出てきたので、その場所のレールを一度外し、掃除して戻してやりました。

P1000262.jpg 長年運行していると、トラブルの解決方法がわかってくるものです。

 先日、写真の客車を増やしたくて、オークションで落札しました。実は、すでに同じ型番で2つ持っているのですが、製造時期が異なるのか、屋根が「つるつる」と「ざらざら」とであったり、ベージュの色が白っぽいのと濃い色のとになっています。こんど届くのは写真でみると「つるつる」タイプだと思います。まあ、違いがあるのも風情があっていいのですが、そろえたいという気持ちもあったりします。

 そういえば、少しずつ車両を増やしてきましたが、どれだけになったのでしょうか? いちど数えてみようかな!

 

コメント(2)

lgb555 :

Akadaさん

>これを機会に運行システムをMTSからDiMAXにしました。
 うらやましい! 我が家も行く末はDiMAXと思っていますが、LGB関係をいろいろ確保してあるので、ぼちぼちと思っています。
 次の記事に書きますが、今日も、Massothのデコーダーをディーゼル機関車に取り付けました。
 ソフトはわたしなら迷わず「STELLWERK easy」ですが、各ソフト個性的なのでしょうか? 
>製造時期による色違い、・・・
 以前は、揃っていないと気が済まなかったのですが、最近、あまりこだわらなくなっています。

Akada :

製造時期による色違い、
私も最初は気になっていたのですが、最近では各車の個性と割り切るようにしています。
部品まで違ったりしますが・・・

P.S.うちでは、やっとPC運転に必要な物資が揃ってきたところです。
これを機会に運行システムをMTSからDiMAXにしました。
運行ソフトを何にするか、お試し版をダウンロードして、頭を抱えながら選んでいます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、lgb555が2010年9月19日 10:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「開業5周年!」です。

次のブログ記事は「Massoth社のLSデコーダーを搭載してみました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31