雨樋のつまり

| | コメント(0)

 以前から、線路下の土と石が流れてしまい、不思議に思っていましたが、原因がわかりました。雨樋が詰まっていて、雨が降るたびに、線路の上に雨水が流れ落ちていました。水の力で土と石が流されて広がってしまい、線路が地面から浮いていました。下の写真をみると、白っぽい石が線路の右側へ広がっているのがわかります。

IMG_0520.jpg

 窓から死角になっている部分でしたが、昨日たまたま見つけました。朝から、脚立を持ち出して調べてみたところ、雨樋の継ぎ手と落とし口のところに、泥が詰まってました。中を探ると、大型の洗濯ばさみがつっかえており、これが原因だったようです。

  IMG_0521.jpg

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、lgb555が2007年12月23日 09:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「駅で出発を待つ2両の機関車」です。

次のブログ記事は「黄色のディーゼル機関車と貨車」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30