サウンドの追加

 SOUNDTRAXXのサウンドデコーダー(DSX824215)を入手したので、Cambrai Steam Locoにつけてみました。なお、このデコーダーはDCC(LGBではMTS)で動作するものです。(私の環境では、アナログでは音が出ませんでした。)
 下の写真は、テストをしているところです。左の白い筒にスピーカーを入れてあります。中央下の、白い部分が本体です。
 この状態で、CV値をCambrai Steam Locoの5番にあわせ、音量を設定します。

 LGB純正のサウンドと違うところは、汽笛を鳴らし始めると、ボタンをもう一度押さないと音が止まりません。LGBのものは、一定時間たつと音が止まります。CV値を変更すればたぶん変更できると思うのですが、そこまで、調べていません。

IXY70_104.jpg

 Multi Purposeソケットにつなぎます。

IXY70_105.jpg

 汽車に組み込みました。(押し込んだだけです)

IXY70_106.jpg

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サウンドの追加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ttnet.org/mt/mt-tb.cgi/17

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、lgb555が2007年11月 5日 10:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クラウス(Stainz Steam Loco)へのMTS用デコーダー(MTS Decoder II(55021))の取り付け」です。

次のブログ記事は「サイトを再構築しています」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30