Tender with Sound and Stickers, Black/Red (69572)に取り付けたデコーダーのアドレス設定

| | コメント(0)
 デコーダーのデフォルトのアドレスが3になっているため、テンダー車はアドレス3で走行します。同時走行させるために機関車と同じ2に設定しました。
 設定はこんな感じです。
1 Universal Remote(55015)の黒いケーブルがつながっている部分を取り外し、プログラム用(黄、緑、茶、白の4本線のついているもの)に交換します。黄と緑の線は、Transformer(50110/50111)へつなぎます。また、茶と白は線路へセロテープなどでとめます。(結線の写真が、Universal Remote(55015)のマニュアルP61にあります)。もちろん、あらかじめ、通常の電源からの線は外しておきます。
2 テンダー車を線路の上に置きます。
3 電源を入れ、次の操作を行います。
  ○Universal Remoteの画面表示が「C --」となります。
  ○数字ボタンを「01」と押します。
  ○画面表示が「d -」となります。
  ○希望するアドレスを入力(今回は「02」)します。
  ○右矢印ボタンを押します。(設定が保存されます)
   ちなみに、Remoteとデコーダーによっては、画面表示が「C --」でCV値を直接入力して、設定するのでなく、「P --」の表示から設定するものもあるようです。ご注意下さい。私のUniversal Remote(55015)とデコーダー(55021)では、これでOKでした。
4 電源を切ります。Universal Remote(55015)に、黒いケーブルがつながっている部分をつけなおし、線路への配線を通常の走行するものに戻します。電源を入れ、アドレス2でテンダー車が自走することを確かめます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、lgb555が2006年2月19日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Tender with Sound and Stickers, Black/Red (69572)へのデコーダー(55021)の取り付け」です。

次のブログ記事は「Tender with Sound and Stickers, Black/Red (69572)に取り付けたデコーダーのスピード設定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30