クラウスのスモークジェネレーター(発煙装置)の交換

| | コメント(5)

 スターターセットのクラウスにMTSのデコーダーを組み込んだところ、スモークジェネレーターへの供給電圧が24Vになっていたようです。自分の購入したスターターセットのクラウスは18Vのスモークジェネレーターが組み込まれていましたが、すぐに焼き切れてしまいました。
 選択肢は2つで、デコーダーが供給する電圧の設定をを変更するか、スモークジェネレーターを24Vのものに交換するか、どちらかです。今回は、スモークジェネレーターを24Vのものに変更しました。
 それでは、交換の手順です。

 1 垂直方向のロッドの上のねじを外します。(車両の両側とも外します)

P1040302_DCE.JPG

2 車両前部のプロー(スカート)のねじを2つ外して、プローも外します。

P1040303_DCE.JPG

3 車両後部ののプロー(スカート)のねじを2つ外して、プローも外します。

P1040304_DCE.JPG

4 車両前部のカプラーの左右にあるねじ2つを外します。そして、前部のカプラーも外します。

P1040305_DCE.JPG

P1040306_DCE.JPG

5 車両後部のカプラーの左右にあるねじ2つを外します。そして、後部のカプラーも外します。

P1040307_DCE.JPG

P1040308_DCE.JPG

6 本体から、ギアボックスを外します。

P1040309_DCE.JPG

7 スモークジェネレーターの電線を電子基板から外します。

P1040310_DCE.JPG

8 煙突を止めている、六角ナットを外します。

P1040311_DCE.JPG

9 煙突を外します。

P1040312_DCE.JPG

10 古いスモークジェネレーターを外して、新しいスモークジェネレーターをつけます。

P1040313_DCE.JPG

11 新しいスモークジェネレーターの端子を、電子基板に差し込みます。

P1040315_DCE.JPG

12 逆順に、組み立て、もとに戻します。

コメント(5)

のすびれ :

早速にご丁寧な回答ありがとうございました。
正月休みにでも取り付けに挑戦してみたいと思います。
何せ不器用なので取り付けに躊躇しておりました。

Gゲージを取り扱っているお店が近くにないので、lgb555さまのブログが教科書です。写真もふんだんで丁寧な説明なので、大変参考になります。
”MTS Switch Decoder(55025)とポイントへの配線”の記事のおかげで、無事ポイントの設定を行うことができました。
今後ともブログを楽しみにしております。

lgb555 :

のすびれ さん

 スモークジェネレーターやライトへの供給電圧の設定は、デコーダー搭載後で構いません。
 ただし、デコーダー搭載後は、MTSを使って線路上を走行させるまでに、デコーダーの設定をする必要があります。
 理由は、走行させた際に、スモークジェネレーターやライトをオンにしてしまうと、デコーダー側の電圧が高いと焼き切れてしまうかもしれないからです。
 それから、電圧については、製品に添付されているマニュアルに、スモークジェネレーターやライトの交換部品の情報が記載されていますので、そこから電圧がわかります。
 もし、焼ききれたら、スモークジェネレーター等を購入して、その電圧に合わせて、あらためてデコーダーを設定すればOKです。

 クラウスへのデコーダーの取り付け、うまくいくことを願っています。

のすびれ :

いつも拝見させていただき、大変参考になっております。

クラウスに55021のデコーダーを取り付けてみることに挑戦しようかと思っています。

スモークジェネレーターやライトは、Universal Remote55015でデコーダーが供給する電圧の設定を5V?に変更する必要がありそうですが、この設定は55021のデコーダーをクラウスに搭載してから行うものなのでしょうか?
それとも55021のデコーダーをクラウスに搭載せず(搭載してから行うと焼き切れる?)、何かにつないで行うのでしょうか?

大変初歩的な質問ですが、御教示いただければ幸いです。

lgb555 Author Profile Page:

 記憶では、5Vでも24Vでも、たいして違いはなかったと思います。つまり24Vだから、煙が5Vと比較してたくさんでるというわけではなかったはずです。
 でも、どうして、5V、18V、24Vと種類があるのか不思議です。
 Massoth社のpulsed smoke generatorは、すごく煙が出るようです。LGB社のもわーっとした煙と大違いです。

発煙装置って何Vでも煙の出方とかは同じなんですか?

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、lgb555が2007年4月30日 19:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車両の切り離し・・・Electric Uncoupler, 150 mm(LGB10560)」です。

次のブログ記事は「クラウス(Stainz Steam Loco)へのMTS用デコーダー(MTS Decoder II(55021))の取り付け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31