レイアウトをデザインするためのツール

| | コメント(0)

 レイアウトのデザインには、Microsoft Visio(2002)と、Stan氏のWebページ「Software」のコーナーにあるLGBの線路のステンシルを使っています。他にも、WinRailといったソフトウェアもありますが、自分は昔からVisioを使っており、たまたま、LGBのステンシルがあったので、Visioを使っています。
 Visioはドロー系のソフトウェアで、直線や円といった単純な図形から、あらかじめ用意された図形(ステンシル)を組み合わせて、図面をつくりあげていくソフトウェアです。使い方はWordやExcelのオートシェイプと同じで、もっと高機能なものをイメージしてもらばいいと思います。
 Visioには、標準で様々なステンシルがついています。しかし、線路はありません。そこで、Stan氏のWebページにあるLGBの線路のステンシルを追加すると、次のような画面になります。

visio-20051210.JPG

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、lgb555が2005年12月10日 12:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「駅 PIKO-62029 Bahnhof Muhldorf」です。

次のブログ記事は「自動車」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

レンタルサーバー

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30